2018年度体操教室 第18回

こんにちは!今年度最後の体操教室の様子をお伝えします♪

DSC_0539

今週のレクリエーションは『バナナ鬼』をしました!

バナナ鬼を知っている方はいないのではないでしょうか??

このゲームで鬼に捕まった人は『バナナ』になってしまいます

さらに、今回は体操教室アレンジで、けんけん、蛙飛びでやってみました!

笑顔あふれる楽しいレクリエーションになりました(*’▽’)

 

では、各班の練習を見ていきましょう!

今回は今年最後なので各班の練習の成果をお伝えして生きたと思います♪

 

☆A班☆【4,5,6年生】

A班では高度な技の練習をしてきました!

マットでは、伸膝前転、倒立前転、ロンダート、バク転など、自分でできるようになりたい技を決め練習してきました♪技が完璧に完成した子は少ないですが、みんなとても惜しい!!基礎ができているので、難しい技も挑戦できるのですね(*’▽’)

 

跳び箱は台上前転の発展技を行いました!前回のブログでも紹介しましたが、「首はね跳び」「頭はね跳び」「前方倒立回転跳び(転回)」です♪さらに「ひねり」を加えられる達人も誕生しましたΣ(・□・;)みんなの技がどんどん進化していて、スタッフも驚かされます!

DSC_0549

鉄棒では飛行機降りや蹴上がりにチャレンジ!飛行機飛び降りは『恐怖』を乗り越えないとできませんが6年生は華麗に決めていました(^^♪ 蹴上りはタイミングとコツ、筋肉がそろわないといけません!!スタッフの補助を借りて練習していましたが、なかなか成功するのが難しかったみたいです。

 

☆B班☆【2,3,4年生】

B班では基本的な技をじっくりと練習してきました!

マットは壁倒立やブリッジから始めていました♪その後、前転、後転、側転と基本的な技をきれいにできるように練習しました!A班のところでも書きましたが、基礎ができていないと発展技ができません。みんな真剣に取り組んでいたので、基礎は完璧!!これからは、難しい技にも挑戦していきましょう♪

 

跳び箱ではロイター板をしっかり踏み切ることが遊びながらできるようになりました♪開脚跳び、閉脚跳び、台上前転はロイター板をうまく使えないと跳べません!特に台上前転ではとても大切!!台上前転を上手にしたい人はロイターをうまく使えるようになりましょう(*’▽’)

 

鉄棒は今回、『とびつき』という練習を取り入れました!この練習ではさかあがりに必要な筋肉がつきます♪今までも、さかあがりや連続技をするために必要な筋肉をつけるために『ぶらさがり』などを行ってきました♪初めて会った時よりも、みんなたくましくなりました(^^♪

DSC_0552

☆C班☆【1,2年生】

C班では器械体操を行うために必要な身体作りから行いました!

マットは、ロイター板を使って両足跳び、片足跳び、走るという動きを1年通して行ってきました!この練習はマットだけでなく、踏切が必要な跳び箱やほかのスポーツにも生きてきます♪1年前よりもみんな力強くジャンプしたり、走るようになりました(*’▽’)

DSC_0557

跳び箱は【両足で踏み切る】【手を遠くについて跳ぶ】【両足で着地する】ことを練習しました!特に【両足で踏み切る】【両足で着地する】ことは難しいため、苦戦している子もいましたが、全員跳べるようになりました!!跳び箱の高さも自分が跳べそうなものにチャレンジして、少しずつ高さをあげています♪

 

鉄棒ではさかあがりの練習を続けて行ってきました!B班でも紹介した『とびつき』や壁を使ったさかあがりを繰り返し行い、「もう少しでできる!」という子が増えてきました♪さかあがりができるようになった子は前回りや後ろ回りの連続技にチャレンジ!スタッフの補助が無くても回れるようになった子もいます☆

 

 

体操教室で、みんな上手になりました♬

来年度は今できる技をより美しく、できない技ができるように、さらに頑張っていこう☆

来年度も体操教室をよろしくお願いします。

 

(文責 須永)