2018年度体操教室 第7回

こんにちは!体操教室7回目です。

とっても暑かった夏も終わり,過ごしやすい秋がやってきました。暑すぎず寒すぎない,ちょうどよい気候の今こそ,チャンス!体操教室でたくさん汗を流しましょう☆

今回は,1ヶ月ぶりの体操教室でしたね。9,10月の体操教室を通して,子どもたちが1つでも新しい技を習得できるように,少しでも技をきれいに行うことができるようになったらいいなと思っています。

では、体操教室の内容をお伝えします!

DSC_4911[1]レク

レクリエーションの様子です。“いうこといっしょ,やることいっしょ”というゲームをしました。

先生が,「ま~え!」といったら子どもたちは「ま~え!」と言いながら,前にジャンプ!

先生が,「み~ぎ!」といったら子どもたちは「み~ぎ!」と言いながら,右にジャンプ!

子どもたちは,先生の声掛けに上手に答えていました。

次は,レベルアップして“いうこといっしょ,やること逆”というゲームをしました。

先生が,「ま~え!」といったら子どもたちは「ま~え!」と言いながら,後ろにジャンプ!

先生が,「み~ぎ!」といったら子どもたちは「み~ぎ!」と言いながら,左にジャンプ!

これがなかなか難しい。。。苦戦していましたね。実は,頭を使いながらと体を動かすことは,脳にとても良いのです!楽しみながら脳を活性化しました☆

次は,各班の様子です。普段の活動では,マット・鉄棒・跳び箱の三種目を行っています。今回は,跳び箱にクローズアップ☆

☆A班☆【4,5,6年生】

DSC_4948[2]A班

これは,子どもたち?!と思いきや,スタッフです。大人です。跳び箱の上でヘッドスプリングをしています。

狭い幅にも関わらず,果敢に飛び込む姿は,子どもたちも見入るものがあったようです。技を教えるだけでなく,見本を見せることで「自分にもできそうかも?やってみたい!」と,子どもたちの挑戦心をくすぐります。

この技は,跳び箱の基礎的な動きがしっかりしているからこそできる高度な技です。いつもはモンスターボックスに目がない子どもたちですが,ヘッドスプリングにも挑戦してみてはどうでしょうか!☆

☆B班☆【2,3,4年生】

DSC_4931[1]B班

こちらは,開脚跳びをしている様子です。どちらも腰が高く上がっていますね。踏み込み板をしっかりと踏み込むことができている証拠です☆その成果として,今回は前回よりも1段高い段数の跳び箱に挑戦することができました☆

今は,まだ高い段数が怖いと感じている子は,焦らなくても大丈夫。今できる段数で美しく技を行っていきましょう☆

B班の子どもたちは,跳び箱を跳ぶときの基礎がしっかりとしています。高度な技に挑戦できるようになるだけでなく,怪我のリスクも低くなります。安全に技を行うことは,自分の体を守るために大切です。そういったことも伝えていけたらなと思っています。

☆C班☆【1,2年生】

DSC_5024[1]C班

こちらは,ボックスの上で開脚跳びをしている様子です。

このとき私は,台上前転をしている子どもたちを見ていたのですが,写真にも登場しているピンクの先生から「こっちの子どもたちの頑張りも見て☆」と声がかかりました。“子どもたちの頑張っている姿”と聞き,急いで駆けつけてパシャリ。

しっかりと跳ぶことができています!他の子も上手に跳ぶことできており,感激でした!

【連絡】

次回の体操教室は10月3日です。

暑さが和らいだとはいえ,運動中は汗をかきます。熱中症予防のために多めの水分を、怪我防止のために運動靴も用意してください。よろしくお願いいたします。

来週も体操頑張ろう☆

文責スタッフ:小西