2018年度体操教室 第6回

こんにちは!体操教室6回目です。

今回は、いつもよりも涼しく、運動をするのにピッタリの日でしたね。

では、体操教室の内容をお伝えします!

DSC_45551

今回のレクリエーションは、タンブリンを使った運動でした。リズムに合わせてジャンプやクラップ!オリジナルの動きも作って披露しましたね。では、各班の様子をお伝えします。

☆A班☆【4,5,6年生】

DSC_45552

 

マットの様子をお伝えします。これは、ハンドスプリングの様子です。普段のハンドスプリングの練習に加えて、跳び箱を取り入れて練習をしました。ざっくりとではありますが、私がハンドスプリングをするときに心掛けているコツをお伝えします。

☆技をする前のステップをしっかりとすること(踏み込みのタイミングが大事です)

☆しっかりと目を開けて手を見ること

☆手をついたとき、しっかりと床を押すこと

☆手だけでなく、足を勢いよく上に振り上げること

目線を変えるだけでも、体がふわっと浮く感覚があります。ちょっとしたコツを心掛けるだけで技が綺麗にできるようになりますよ☆ぜひ、やってみてください。

☆B班☆【2,3,4年生】

DSC_4594

鉄棒の様子をお伝えします。B班は逆上がりや足掛け回りなど様々な技に挑戦しています。技の練習だけでなく、子ども同士でルールを作り、鉄棒を使ったゲームをしていた子もいました。技をしっかりとできるようになることも大事ですが、鉄棒を使った遊びを通して、鉄棒をするときに必要となる体力や力をつけることも大切ですね!

鉄棒だけでなく、トランポリンも一生懸命取り組んでいました。どこまで跳ぶことができるか選手権をして、一番高く跳ぶことができるように子ども達は競い合っていました。トランポリンを跳ぶことはとっても楽しいですが、実は、足の筋肉をたくさん使います。遊びながらできる筋肉トレーニングなのかな?と私は考えています☆

☆C班☆【1,2年生】

DSC_45554

鉄棒の様子をお伝えします。この方は、C班の指導をして頂いている金先生です。子どもたちに、ぶら下がりを教えるときに例を見せてくださいました。この体勢を10秒もキープしていました!自分の身体を支える筋力は、器械運動特有のものです。普段使うことのない筋肉を、体操教室の中でも積極的に使うよう心がけています。このぶら下がりは第1回目の時からしていますが、6回目となった今、長くぶら下がることができるようになった子どもが増えました!筋力がついてきた証拠ですね☆

鉄棒のぶら下がりについてですが、「鉄棒ぶら下がり選手権」をよく取り入れています。子どもたちの中で、誰が一番長く鉄棒にぶら下がることができるのか競争させています。ちょっとした活動の中に遊びや競争を取り入れることで、楽しんで活動に取り組むことができるように工夫をしています。もし、公園で練習をするときがあれば、お子様と一緒に競争をしてみてはどうでしょうか。

DSC_45553

これは、鉄棒に飛び乗る練習です。この時の腕の筋肉の使い方は、逆上がりをするときの筋肉の使い方と一緒です。逆上がりが苦手と感じている方は、飛び乗りの練習してみましょう。

飛び乗りができるようになったら、

①    連続飛び乗り

②    鉄棒に飛び乗ったまま、腕をまっすぐにのばし、その体勢を保つ

といった技にも挑戦してみてください☆また、体操教室でも一緒に頑張っていこうね☆

 

次回の体操教室は9月26日です。

まだまだ暑さが厳しいです。熱中症予防のため多めの水分を、怪我防止のため運動靴も用意してください。

1ヶ月半空きますが、9月からの体操教室でもたくさんの技に挑戦して頑張っていこうね!

子どもたちに会えることを楽しみにしています!

文責スタッフ:小西