カテゴリー別アーカイブ: 活動日誌

体操教室 第3クール 6回目

こんにちは!体操教室第3クール最後となりました。

1518758679407

今回のレクリエーションは、レースをしました。

ロイター板を使ってジャンプ、フラフープを使ってケンケンッパ、

コーンの周りをまわって全力ダッシュで戻る!というコースでした。

どのチームも一生懸命取り組み、とても速かったですね!

☆A班(4,5,6年生)☆

1518758691956

これはマットでの様子です。倒立前転を練習している所です。

倒立の姿勢がきれいになりました。また、頭を入れるのも上手に出来るようになった

子どもが多く、安全にきれいな倒立前転ができるようになりました!

1518758697243

これは、トランポリンの様子です。”どこまで届くかな選手権”をしていました。

ピンク色のシールを壁に付けていました。中にはてっぺんまで届く子もいました!

脚力がついたのと、力の使い方が上手になったおかげでしょうか。

☆B班(2,3年生)☆

1518758705645

これは跳び箱の様子です。サーキットをしました。サーキットの内容は、

小さな跳び箱を渡り、次はフラフープケンケンッパ。

またその次は大きな跳び箱を腕の力だけで進みます。跳び箱からおりたら、走って壁をタッチ!

その後円柱ジグザグコースをうまく切り抜け、ロイター板付の幅跳びに挑戦!

最後に跳び箱を跳びました。

ロイター板付幅跳びでは跳び箱の踏切の練習です。大きな跳び箱を腕の力だけで進むのは、

跳び箱を跳ぶときの肩の使い方の練習です。遊びを通して跳び箱に必要な力を鍛えました。

1518758710156

閉脚跳びも上手にできるようになりました。

あともうちょっとの子もいました。引き続きお家や学校で練習してみてくださいね!

☆C班(1年生)☆

1518758714035

これは鉄棒の様子です。逆上がりをしています。

多くの子どもたちが逆上がりを出来るようになりました。

1つ技が出来るようになると自信がつくのか、以前よりも意欲的に練習に参加するように

なりました。目の輝きがだいぶ変わりました。

保護者の方とお話させていただくと、「公園で頑張って練習しているんです!」

「以前よりも意欲的になりました!」と嬉しい話を聞きます。

この体操教室がが子どもの背中を押すきっかけの1つになり、

スタッフ一同とても嬉しく感じております。

1518758724404

これはマットの様子です。側方倒立回転をしていました。

いつの間にか難しい側方倒立回転をできるようになっていました。

せっかくなので”誰が技をきれいにできるか選手権~!”をしました。

甲乙つけがたく、どの子も上手でした!来年は、今できる技をもっと美しくできるように

さらに頑張っていこうね☆

1518758729046

☆連絡☆~来年度も継続される方へ~

来年度から2点変更があります。

1.体操ファイルについて

今年度使って頂いた体操ファイルを引き続き使うことになりました。

お手数ですが、次のことをお願い致します。

①    今年度配布したおたよりは体操ファイルから取り出し、ご家庭で保管をしてください。

②    ファイルの表紙に書かれている学年を次年度の学年に書き換えてください。

③ 来年度の体操教室初回に忘れずにファイルを持って来て下さい。

2.名前シールについて

今までは使い捨ての名前シールを使っていましたが、来年度からは布ゼッケンを

使うことになりました。

ゼッケンは体操教室初回に配布させて頂きます。お手数ですが、布ゼッケンに名前を

記入した上で服に縫い付けをお願いします。

縫い付け方に指定はありませんが、安全ピンでとめるなど体操中危険が伴うものは

おやめください。

詳しくは体操ファイルに「平成30年度体操教室のファイル・ゼッケンに関するお知らせ」

プリントをはさみましたので、そちらをご覧ください。

以上、お手数ですがよろしくお願い致します。来年度もよろしくお願い致します。

文責:小西

体操教室 第3クール 5回目

こんにちは!今週は寒かったですね。寒くても子どもたちは元気いっぱい!

DSC_3182

こちらは体操教室が始まる前の様子です。円柱で遊んでいたのでついパシャリ

3年生(B班)の子どもたちです。円柱の上に座っていました。バランス感覚が良いですね。

他にも円柱を使って様々な遊びを楽しんでいました。

DSC_3194

今回のレクリエーションは、手押し車リレー!

体操ならではのレクリエーションです。前々回のブログでお伝えしましたが、

手押し車は倒立をするためにとっても大事な練習法!遊びを通じて腕の力を鍛えました!

手押し車をもっともっと練習してきれいな倒立ができるようになろう!

それでは各班の様子を紹介します。

☆A班(4,5,6年生)☆

DSC_3198

これはマットでの様子です。みんなでブリッジをしている所です。さすがです。美しい。

2,3年生(B班)もマットでブリッジをしていましたが、やはり経験数の違いでしょうか。

圧倒的上手さとキープ力。(10秒もブリッジをしていました!)

お兄さんお姉さんのように綺麗なブリッジができるように頑張っていこうね!☆

DSC_3225

これは、左は転回を練習し、右はバク転を練習している様子です。

奥では側転やロンダート、倒立前転を練習していました。

転回をするとき、しっかりとついた手を見るようにすると、「あれ?!」と回るようになります。

あと、もっと腕がまっすぐ伸びるとかっこよいですね!★

自分の身体をしっかりと腕で支える、手を見る。たくさんコツがあるため難しいですが、

何度も何度も挑戦して、コツを身体で覚えていきましょう!

☆B班(2,3年生)☆

DSC_3254

これは鉄棒の様子です。

逆上がりから、前方支持回転(連続前回り)に挑戦していました。

後方支持回転(連続後ろ周り)より前方支持回転(連続前回り)の方が難しいです。

目は遠くを見つめて、タイミングを見計らってくるっと回る。

この時手もクルッと返すことも忘れずに!言うのは簡単ですが、やるのは難しい。

「手を回すって何?!」と私も不思議で仕方ありませんでした……

コツは、目線を遠くすることです。

あとは力を上手く使うこと。(詳しくお話すると物理の話になります。)

練習中にたくさんコツを伝えていけたらなと思います。

DSC_3263

これはマットの様子です。先生に対してお祈り?!ではありません。

股関節のストレッチです。側方倒立回転や開脚前転では股関節まわりをよく使います。

開脚前転では足を開くため、股関節周りをよく使うことはわかりやすいと思います。

側方倒立回転で?と思うかもしれません。足を振り上げて回転するとき、

結構足が開くのです。しかも勢いがあるため、いつも以上に足が開いてしまい、、、、、、

事実、私は側方倒立回転の練習で股関節周りの筋を痛めました。

やはり、身体はほぐしておくに越したことはないです。

☆C班(1年生)☆

DSC_3219

これは鉄棒の様子です。冬は鉄棒がとっても冷たいです。

多くの子どもたちがトランポリンに逃げていきます。

しかしルールが1つ。“トランポリンを跳んだら鉄棒に行くこと”

ちゃんと鉄棒には触っていましたね。

今回は、2つの鉄棒を平行棒のように見立ててうんていをしました。

ただ楽しそうにしているだけのように見えますが、これもれっきとした練習です。

自分の身体を腕の力だけで支える。これも逆上がりにつなげるための練習なのです。

DSC_3276

これは跳び箱をしている様子です。

第1クールの時は金先生お手製の小さなとび箱で跳んでいた1年生。

今では5段、プチモンスターボックスに挑戦できるようになりました。

縦の跳び箱も横の跳び箱もどちらも怖がらず跳ぶことができるようになりました。

1年間でこんなにもできるようになるのはやはりうれしいものです。

 

☆連絡☆

次回は2月14日(水)です。

・髪について

髪の毛が長い人は、束ねるようにしましょう。

来週は第3クール最終回!頑張りましょう!

文責:小西

体操教室 第3クール 4回目

こんにちは!体操教室第3クールも後半に差し掛かりました。

私は今回、久しぶりにマットと鉄棒の技の補助や指導をしました。

マットでは倒立前転を練習中の子どもがいました。倒立前転をするためにはまず倒立から。

「逆立ち(倒立姿勢)のまま5秒耐えてみ~!」と声掛けすると、

自分の腕や肩で懸命に身体を支えていました。

その後何度も技に挑戦し、体操に対する強い意欲を感じることができました。

 

鉄棒では逆上がりの補助をしました。逆上がりの次は後方支持回転(連続逆上がり)や

前方支持回転(連続前回り)に挑戦してもらいました。

初めは「えーできないよう。」と言っていましたが、ちょっと補助をしてみると

「頑張れそう!」と意欲を見せてくれました。

鉄棒の新たな技に挑戦するちょっとしたきっかけになったら良いなと思います。

他の子どもからは「先生見てて、こんなんできるようになったんやで!」と

自分の身長よりも高い鉄棒で逆上がりをしていました。

「ちょっと連続前回りやってみて♡」というと「わかったー!」と何回もぐるぐる

回っていました。上手に回るなぁと感心しました。

 

今紹介したのは私が見たものだけですが、その後の体操教室スタッフミーティングで

初めて逆上がりができるようになった子の話や、初めてモンスターボックスに挑戦した子

の話など、たくさんの子どもたちが成長した様子を聞くことができました。

 

第3クールになると子どもたちは本当に体操が上手になります。

第1クール第2クールでは上手くできない技であっても、

第3クールでできるようになったという例をたくさん見ます。

技が増えるだけでなく、技の美しさも上達します。

第3クールは第1クール、第2クールと継続して頑張ってきたことが

一気に花開く瞬間と言っても過言ではありません。今まで諦めずに頑張ってきた成果です。

1年間を通じてできるようになった事を見たり聞いたりするたびに私たちスタッフ一同、

自分のことのようにうれしく感じております。

来週のミーティングではどの子のお話が聞けるのか、すでにワクワクしています。

 

今回はA班、B班の活動の流れを書いてみました。写真では少し見えづらいかもしれません。

体操教室中は印刷したものをお配りしております。

技のちょっとしたコツも書いてありますよ!☆よろしければご覧ください。

(A班)

Aはん

(B班)

Bはん

~ちょっとしたお話~

今回初めての技に挑戦した子は、その技を練習する前は気持ちが少し後ろ向きでした。

後ろ向きな気持ちが悪いというのではなく、当たり前の反応であると感じています。

今までに挑戦したことがないことをするのは正直怖いです。子どもだけでなく、

体操をしている私も初めての技は怖いです。慣れた技でも怖いものはあります。

例えば、私は平均台で側方倒立回転をすることがあるのですが、

幅10cmの上(しかも地面より約100cmも高い所)で側方倒立回転をするのは

本当に怖いです。足がすくみます。もう3年も練習をしているのにまだ怖いです。

 

それでも私が挑戦するのには理由があります。怖がって逃げていても上達しないからです。

いつもそんな前向きな気持ちになれるわけではないのですが、自分の頑張れそうなときに、

自分のペースで勇気を振り絞って挑戦するように心がけています。

(だいたい「今日はできそうかな?やってみよう。」ぐらいの気持ちです。)

 

“やってみると実はそんなに怖いもの(難しいもの)ではなかった”大抵そんなものです。

平均台の上で側方倒立回転をするのもそんな感じでした。

 

だからこそ私は、子どもたちには恐れずたくさんの体操の技に挑戦してもらいたいと

考えています。名前がある技だけでなく、技を練習するために必要な運動でも構いません。

初めはちょっぴり怖くても、勇気が出なくても、「こんなことに挑戦してみたいな!」

という自分なりの目標をもって取り組んでほしいです。

体操教室中、子どもの背中を押すのは指導をする私たちスタッフ。

少しでも「頑張ってみようかな」と意欲をもってもらえるようこれからも努めていくつもりです。

 

☆連絡☆

次回は2月7日(水)です。

・髪について

髪の毛が長い人は、束ねるようにしましょう。

また、髪ゴムにアクセサリーがついていると、前転や後転の時に頭に当たります。

体操をするときは、できるだけアクセサリーがついていない髪ゴムをつけるようにしてください。

よろしくお願い致します。

来週も頑張りましょう!

文責:小西