第18回教室が開催されました!!

こんにちは!

良い天気のもと、第18回目の教室が開催されました!

今朝は非常に冷え込み雪も降っていましたが、さすがの天気も子どもたちの元気には勝てなかったようです。教室が始まる頃には太陽も出てきて気持ちの良いなかで、教室を行うことが出来ました。

今回はスタッフ研修ということで、大学および陸上教室のOB,OGの方々にお越しいただき、各チームのリーダーとして指導をして頂きました。

メニューも先生も普段とは違うということで、子どもたちもアップの時などやや緊張している様子でしたが、練習が始まると活動に夢中になり、グラウンドからは子ども達の楽しそうな笑い声がたくさん聞こえてきました。

今回お越しいただいた特別講師の先生方は,実際に小学校や中学校などで指導をされている方々とあって、子どもたち全員が楽しむことのできる工夫や、活動のスイッチのオンとオフがはっきりしていて子どもたちにとって、とても充実した活動となったようです。教室が終わった後には「楽しかった」「また今日の練習をやりたい」という声が多く聞こえてきて非常に満足した表情で帰っていかれるお子さんが多かったように感じました。

それでは今日のメニューです!

今日のきいろチームの練習は投てきでした!

写真は新聞紙で作った紙でっぽうを鳴らしている所です。

紙でっぽうは体全体を上手く使って振り下ろさなければ音はなりません。

このように遊びの中から投てきの技術を身に付けることが出来るメニューには特別講師の方々の経験と技が詰まっています。

 

 

 

 

image4

続いてあかチームの練習の様子です。

これはBOXと呼ばれる台から飛び降りて着地した時に地面からの反発を上手くもらう練習です。

普段はあまり使わない道具を使うことで子ども達も興味深々でした。

 

 

 

 

image4次はあおチームの練習の様子です。

ミニハードルを置くことでも普段よりも、ももを高く上げること出来ています。

今回のあおチームの練習は最初から最後までももを高く上げることを目標として練習を行いました。

練習メニューに一貫性を持たせることで子ども達も先生が伝えたかった練習意図を汲み取れていたようです。

 

 

 

image3

最後にみどりチームの練習風景です。

今日は高跳びということで挟み跳びを練習しました。

左の写真のように二人ペアになって片方の人が足を上げる高さの目安を作ってあげて、もう一人はその高さまで足を上げることが出来るように頑張りました。

このように二人ペアでするとお互いの動きがチェック出来て、友達同士での学びの場も広がったようです。

 

次回の教室は2月24日に行う予定です。今年度最後の教室となります。

しかし、天候が悪ければ誠に勝手ながら教室を中止とさせていただきたいと考えております。

理由としましては、当日は大学入試の関係で教室等を使うことが出来ないからです。

申し訳ありません。

中止の場合には前日にメールにて連絡させて頂きたいと思います。

再来週も皆様にお会いできることをスタッフ一同、楽しみにしております。

それではまた再来週!!

 

小陸委員補佐  石井 前多